<img height="1" width="1" src="https://www.facebook.com/tr?id=1582471781774081&amp;ev=PageView &amp;noscript=1">

1   Crown Bioscience and Medical & MBL, today announced the formation of a joint venture.

2   Crown Bioscience and Medical & MBL, today announced the formation of a joint venture.

 

研究開発におけるパートナーシップの可能性を追求します。

Crown Bioscienceは開発業務受託機関(CRO)であり、人々の健康を向上させるために顧客を支援することを理念としています。

当社は、優れた科学者を採用し、最高の品質基準を満たし、絶え間なくイノベーションを追求することで、この理念を実現していきます。

医薬品開発における迅速化およびリスクの軽減に努め、患者の方が、適切な治療を適切なタイミングで受けられるような世界の実現を目指しています。

腫瘍学データベース

研究ニーズに合った開発モデルを速やかに検索

詳細はこちら

最新ニュース

Crown Bioscienceのグローバルがん研究施設が 権威あるISOおよびCAP認証を取得

詳細はこちら

当社のサービスについての詳細はこちら

治療領域

がん、がん免疫、免疫介在性炎症、嚢胞性疾患に関してCrown Bioscience のノウハウを活用

詳細はこちら

モデルシステム

最新の in vivo モデルを含む商業利用可能な最大のPDXコレクションを活用
 

詳細はこちら

技術

前臨床試験で、バイオインフォマティクス、バイオマーカー解析、ゲノム解析、ハイコンテントイメージングサービスを活用

詳細はこちら

サービスタイプ

バイオマーカー探索、有効性試験、DMPK、薬理関連サービスを利用して、薬剤開発を促進

詳細はこちら

業界をリードするカスタマーエクスペリエンス

以 下のデータは2023年第3四半期のものである。

終 了した研究

終 了した研究

こ の デ ー タ ポ イ ン トは 、 C S A T 、 カ スタマーエフォート、カスタマ ー エクスペクテーションの各スコ ア が測定される、2023年第2四半 期 の研究総数を示す。

 

終 了した研究

1660

顧客満足度

顧客満足度

CSAT とも呼ばれるこの指標は、Crown Bioscience の全体的なカスタマー エクスペリエンスに対する顧客の満足度を示します。

顧客満足度

98%

顧客努力スコア

顧客努力スコア

顧客努力スコア (CES) は、Crown Bioscience との連携がいかに容易であったかを測る指標です。

顧客努力スコア

92%

顧客期待値

顧客期待値

この指標は、顧客の期待に応える、またはそれを超えるCrown Bioscience の強みを示しています。

顧客期待値

98%

顧客満足度月次レポートを見る

当社の論文紹介

Indivumed Services

市場をリードするマルチオミクスグレードの生物検体

詳細はこちら

リソース

Latest

組織学とデジタルパソロジー

次世代IHCとIFによる薬物作用の正確な可視化

読む

Latest

シンジェニックモデル

信頼性の高いシンジェニック腫瘍モデルに よる免疫療法の評価

読む

Latest

1型糖尿病モデル

当社の自発型及び促進型1型糖尿病(T1D)モデルを用いて抗糖尿病薬 の有効性を評価し、当社の前臨床医薬品開発プラットフォームにより候補 薬の可能性を最大化します。

読む

Latest

MSモデル

多発性硬化症の候補医薬品の薬効評価に用いる in vivo モデル

読む

最新のブログ記事

2月 26, 2024

革新的なオルガノイド技術とバイオマーカー分析を用いたがん治療薬スクリーニングのテクニカルFAQガイド

質問: ハイスループットスクリーニング(HTS)用のオルガノイドはどのように調整するのですか? 答: オルガノイドは、ハイドロゲル/マトリゲルで多細胞構造として培養および維持され、機械的に剪断して断片に分割し、ウェルあたり約 300 個のオルガノイド断片(構造あたり5〜20細胞)で播種する必要があります。しかし、これはオルガノイドの種類や、アッセイの時間枠内でオルガノイドがどれだけ速く増殖するかによって異なります。

読む

12月 7, 2023

肝細胞がん(HCC)PDXモデルの脂肪酸分解(FAD)サブタイプは患者の抗がん剤感受性を正確に再現する

肝臓がんは、米国および世界的に大きな健康上の負担となっており、罹患率は上昇を続けています。推計によると、今後数年間で、年間100万人以上が肝臓がんに罹患すると言われています。肝細胞がん(HCC)は、原発性肝がんの約90%を占める主要ながんのタイプで、非常に複雑かつ不均一で、多くが肝炎などの慢性肝疾患が根底にあります。

読む

12月 7, 2023

薬剤併用の未来を探究:マウス腫瘍モデルを用いたin vivo相乗作用研究の洞察

オンコロジーの世界は日進月歩であり、研究者や科学者として、私たちは常に最前線でがんに対する革新的な解決策を模索しています。有望な方向性の1つは、薬剤の併用の探求です。この発想は単純ですが奥深く、2つ以上の薬剤を組み合わせることで、その効果を増幅させ、個々の影響以上の結果をもたらす可能性があります。薬の相乗作用の世界を探究してください。

読む

11月 15, 2023

注目の出版物:DSPとVisium:がん研究の空間トランスクリプトミクスの比較研究

Alexander Swarbrick 博士が最近バイオアーカイブに発表した論文「An experimental comparison of Digital Spatial Profiling and Visium spatial transcriptomics technologies for cancer research」は、DSPとVisiumプラットフォームの比較分析について深く掘り下げています。 どちらの技術も、乳がん組織の空間的プロファイリングにおいて立派な知見を示し、それぞれ異なる応用分野で輝きを放っています。

読む

すべての患者の方が、適切な治療を適切なタイミングで受けられるように。